sakakibara-rem.com

Profile略歴

坂木原レム Rem Sakakibara

近現代史好きの漫画家。

2002年よりゲーム会社勤務後、2007年にCOMICリュウにて、特撮怪獣映画をモチーフとしたコメディ『モンスターキネマトグラフ』で漫画家デビュー。

タイムスリップなどSF要素のあるコメディ作品が多く、ミリタリー趣味を活かした『ペンタブと戦車』、ゲームCGデザイナーの職歴を活かした『リスタート!〜34歳ゲームディレクターのつよくてニューゲーム〜』などを発表。

『ペンタブと戦車』は「第22回文化庁メディア芸術祭 マンガ部門 審査委員会推薦作品」に選出された。

2023年現在『かゆうま』をモーニング・ツー(コミックDAYS)で連載中。

↓ 最近の作品・第一話試し読みはこちらから ↓

Work Listお仕事

mongra fulid fluid fluid isoroku isoroku dede pentab01 pentab02 restart01 restart02 restart03

2007連載
『モンスターキネマトグラフ』シリーズ連載/全1巻(COMICリュウ)
2008読切
『NEWS about NEWS man』読み切り(COMICリュウ)
-連載
『フルイドラット』月刊連載/全3巻(COMICリュウ)
2010読切
『愛と幻想のデモクラシー』読み切り(ビジネスジャンプ)
2011連載
『聯合艦隊司令長官 山本五十六(同名映画コミカライズ)』隔週連載/全2巻(グランドジャンプ)
2012連載
『あーちゃんとでで』隔週連載/全1巻(グランドジャンプ)
2015読切
『異形島』読み切り(グランドジャンプPREMIUM)
-連載
『ペンタブと戦車』月刊連載/全2巻(まんがタイムジャンボ)
2017ムック
『最恐ホラー呪われた怪談ファイル 怨念の鎖』「お父さんの絵」作画
2018連載
『目が覚めたら人間界でした』シリーズ連載(近代麻雀)
2020学習漫画
『角川まんが学習シリーズ世界の歴史・16巻・第二次世界大戦(漫画全般担当)/7巻・ひとつながりになる世界(前半作画担当)』
-連載
『リスタート!〜34歳ゲームディレクターのつよくてニューゲーム〜』月刊連載/全3巻(モーニング・ツー)
2021読切
『ラストサラリーマン』読み切り(ヤングキングBULL)
2022読切
『曽祖父の手記』読み切り(コミックビーム・アルバ 2022 SPRING)
-読切
『思い出マッチング』読み切り(YOUNG JIJI)
-イラスト
『サンデーGXカレンダーガール』イラスト(サンデーGX)
2023連載
『かゆうま』月刊連載中(モーニング・ツー/コミックDAYS)
-学習漫画
『角川まんが学習シリーズ まんが人物伝 レイチェル・カーソン 環境問題を訴えた生物学者(本文マンガ担当)』

※表記年は連載開始時の年です。
その他イラストや、自衛隊山梨地本キャラクターデザインなど、多数。

Contactご用命はこちらから

連絡先

メール:webmaster★sakakibara-rem.com

↑コピーして★を@に変換してください↑


■企業・編集部様からのご依頼について■

漫画・イラスト・その他のお仕事のご相談がありましたら、上記のメールよりご連絡ください。

納期・ページ数・ご予算等が決まっている場合は、ご提示お願いいたします。(現在連載中につき、スケジュールに余裕のあるもののみご相談承っております)

基本的には3日以内にお返事しております。もし返事が来ていない場合は迷惑メールに振り分けられていることもありますのでご確認ください。



※クリエイター登録型のものについては一律お断りしております。また、宛名がないなど不特定多数に送っていると思われる文面のメールには返信しておりませんので、予めご了承ください。